SCROLL DOWN

TOKYO LOCALS

葛飾区 / KATSUSHIKA

葛飾区のグルメとそこに住む人々

2021.06.18

Text:DAI

第5回 あの頃の僕ら

休日の朝。いつもより少し遅めの時間にかけた目覚ましが鳴って、二度寝しようなんて邪念を振り払うかのように、僕は喫茶店まで自転車を走らせる。向かうのは常磐線金町駅の北口を出てすぐ、ビルの2階にある「田園」。

ガラス張りの扉を開けて広がっているのは、昭和レトロな雰囲気。赤いベルベットのソファ、銅のテーブル、窓際にある植物、そして煙草をくゆらせる客の姿もある。オーナーが愛煙家ということもあり、全席で喫煙が可能になっているのだ。今どき珍しいけれど、これも下町っぽくてどこか愛らしい。

用意されている軽食だって立派なグルメだ。僕は生姜焼き定食を。アイスコーヒーがセットでついてくる。

この喫茶店に来るたびに、まだ高校生だった頃を思い出す。歳はひとつ上で、ニューヨークが大好きな地元の先輩とよくこの喫茶店に来ていた。かれこれもう7年くらいの仲になる。彼はとても物知りで、いろいろなことを教えてくれた。今の僕があるのは彼のおかげといっても過言ではないだろう。

決まってモーニングの時間、10時くらいだろうか、彼から連絡が来てすぐに飛んで行った。話す話題は特にないけれど、とりあえず集まって世間話をした。この服がイケてるとか、あの子が可愛いとか。

いつか大人になったとき、ハンカチをいつも持っていて、服はいいものを必要最低限で着回していて、首にはさりげなくゴールドチェーンをさげていて、車を買っていて、結婚して。たまにはこうして喫茶店に来て、また世間話できたらいいね、なんて理想も話した。

あの頃よりも僕は大人に近づけているだろうか。

書き手

DAI

葛飾区在中。普段は大学生として過ごし、BEAMSでアルバイトをしている21歳。休日は都内の銭湯に足を運んでいるか、グルメなお店を探しているシティボーイ。

Instagram:@bydai_suke

PROJECT TOP

TOKYO LOCALS

東京23区に住む人が、自分の区の情報を紹介していくブログコンテンツ。