SCROLL DOWN

BE AT STUDIO HARAJUKU

Under the Bridge POP UP STORE

古着屋 Under the Bridge が 2021年初のPOP UP STOREを開催

2021.06.18

Text:YOUNG

pop up store at BE AT STUDIO HARAJUKU Laforet 6F

古着屋Under the Bridge が BE AT STUDIO HARAJUKU で2021年初となる ポップアップストアを出店します。
今回は90年代のストリート、レイヴカルチャーをテーマにTシャツを幅広くセレクト。他では手にする事の出来ない政治色のある物から、近年高騰しているオールドスケートブランドまで幅広く、濃く展開していきます。
同時に兼ねてから親交の深い、超人画家として活動を広めているMOTHERSHOIの新作展示も開催。
加えて2021年初出店を記念して、6/18, 7/3, 7/10はオーナー宮本嘉和と親交の深いアーティストがDJで参戦します。


期間:6/18(Fri)-7/11(Sun)
場所:BE AT STUDIO HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:ラフォーレ原宿の定休日に準ずる

Under the Bridge

2017年オーナー宮本嘉和のバックボーンでもあるスケートボードを基に、古着屋Under the Bridgeをオープンさせる。その後リアル店舗やオンラインストアを構えないスタイルながら、OllieやGRINDでも取り上げられ、一躍話題となった。これまでKAIKOO、TRUNK HOTEL、映画VIDEOPHOBIAの公開記念イベントや大型イベントにも神出鬼没に展開し、成功を収めている。加えて、MuKuRoのMVの衣装提供をはじめ、オーナー自身もスケーターとしてOLE DICK FOGGYのMVに出演するなど、HIPHOPやPUNKなど音楽のジャンルや垣根を超えて幅広い繋がりを持ち、今後のユーズドカルチャーにおいて目を外せない存在である。

Under the Bridge owner

宮本嘉和

2005年から自身のベースとなる"スケートボード"を通しそのキャリアはスタートする。
スケートボードから派生するファッションや音楽などのカルチャーを中心にキッズの頃よりあらゆる制作活動を続け、古着の販売、スケートビデオの作成、服のデザイン、音楽制作等その活動範囲は多岐に渡る。2021年より"MonoGoi"として音楽制作活動を始めたりと、クリエイターとしても、ユーズドカルチャーに今後シーンで目を離せない1人で間違いない。

映像作家 / 超人画家

MOTHERSHOI

1993生 群馬県出身
映像専門学校を卒業後、スケートビデオを撮るためにスケボーを始めたことにより、街中のグラフティやストリートから影響を受け、2015年よりMOTHERSHOIとして超人画家としてのアーティスト活動を始める。
翌年2016、自身初となるイラスト展、 “Bom the city”をGallery conceal Shibuyaにて開催。
2019には代官山Pellsにて、2度目の個展”Mixturepop”を開催。一週間の中で、その場で展示物を制作し続け、最終日のパーティーでそれら全てに自ら鋏を入れ、コラージュするというパフォーマンスで多くの平成同士を集めた。
同年、Contact TokyoでのKAIKOO×OTOZUREにて襖へのライブペイント、 CircusTokyoにて巨大カーテンへのライブペイントと、パフォーマンスアートとして活躍の場を広げる。2021年、これまでに渡って描き続けた宇宙人と呼ばてきたキャラクターに”平成超人”と名付け、現在に至る。

PROJECT TOP

BE AT STUDIO HARAJUKU

オンラインとリアルの双方向でコンテンツを発信するコミュニティスペース。